クオーレフォルテ イタリアンレストラン 横浜 ワイン

300種類以上のイタリアワインとフランスワイン。 本格イタリアンをカウンター10席だけの お店で大人の時間をお楽しみください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
秋深まり、洗濯のタイミングが難しくなってきましたね。

深夜に帰る僕の洗濯ものはいつもちょっとしっとりしてます・・・

気がつけばもう9月も終わり。毎年毎年早いものだなぁと。

赤ワインの季節が近づき、試飲会の数も増えています。

またいいワインを探してきますね。ご期待ください。

次回のワインサロンはいつになく早く問い合わせが多く

9月30日現在残り1席となりました。ありがとうございます。

今後参加ご希望の方が増えるようでしたら、日程を増やすことも

検討したいと思います。まだ未定ですが、お気軽にご意見、お問い合わせ

ください。
スポンサーサイト
このページのトップへ
山梨の大善寺より

ブドウ寺
願がかなう寺

のお守りをもらいました。

お守りについている紫色の葡萄が
鈴になっております。

大きさといい、色といい、なかなか良いお守りです。

ねこを飼っていたら首輪につけてあげたいなと。2009092918170000.jpg


さてさて、何をお願いしましょうか。
このページのトップへ
第10回のワインサロン詳細です。

今度こそ10回です。はい

日時:10月17日(土) 15:00~16:30
場所:クオーレフォルテ
料金:¥4500
内容:「ピエモンテ特集」
   ちょっと迷いましたが、今回はイタリア・ピエモンテにしました。
   白2種と赤3種のティスティングとなります。土着品種に当然ながら
   スポットをあてて、ピエモンテ州にふれていきます。
   目玉としては1997年のバローロをご用意します。
   この季節に秋が似合うピエモンテのワインを楽しみませう。

毎回内容の異なるサロンですので、はじめての方も
全く問題はありません。ぜひぜひご参加を。

予約:tel 045-316-6335またはinfo@cuoreforte.com
中村裕治まで このページのトップへ
余計なものをつくるのは好きである。

暇なときほどひらめくこともある。

しかしこれはやはり意味がなかったかな・・・

テレビ放送されていた20世紀少年の録画をみた。
1、2とみて3はレンタルでもいいかなと思い始めた。

浦沢直樹さんはめちゃくちゃ好きだが、この原作はなぜか
読んでなかった。マスターキートンは今でもバイブルである。

このカプチーノ
女性には人気がない。
きもちわる~い
なにこれ~

そんな感想が多い。
当たり前だ。

二人で注文を受けたら、はっとりくんバージョンも
いってみよう。そんなことがひらめいた。

ではみなさん ばっはっは~~い
2009092218230000.jpg
このページのトップへ
友人の店にムートンの78を預かってもらっていた。
しかも1年も前からで、いいかげんあけないと怒られる・・・

ちょうど秋もやってきたし、このタイミングだなと。

期待を裏切らないできばえで本当に良かった。
まずブショネではないことにほっと安心。
まだ熟成する力があった。やはりムートン・・・すごい

食事は松茸があったので、土瓶蒸しと茶碗蒸し
完全に日本酒もってこい状態でそのまま日本酒も呑む。

その友人も一緒にかなり酔った。
彼はその夜にマージャンをやるといっていたがあの状態だと
かなり負けたと思われる・・・

ロン! このページのトップへ
大学ラグビー関東選手権大会。

こんなきゃしゃな体をしているが、高校時代はラグビー部だった。
いわゆる「青春」ってやつを追いかけていた。

っとまぁ言うとちょっとはかっこいいが、はっきりいってすごく
弱いチーム。それほど人気のスポーツでもなく部員の確保も
大変だった。何しろ15人いるし、紅白戦すらできない。

先輩にはむごいほど理不尽な人もいた。そいつは今でも嫌いだ。
まぁおかげで我慢強くなれたとは思う。そう考えよう・・・

天気のいい日曜、昼間時間があったので秩父宮に行ってみる。
ラグビーの試合は淡々と始まる。応援合戦とかはなく
校歌が終わると、審判が笛を吹いて拍手とともにキックオフ。

力の差がありすぎるとすごい点差になるのはご存知の通り。
この日はワンサイドゲームだった。
早稲田はやはり強い。強すぎた。

日陰でみていたつもりが右手だけ日焼けをするという間抜け
な焼け方をしてしまった。

ちなみにラグビーの合宿の聖地、菅平には
ラガーメンというラーメン屋がある・・・
2009091316030001.jpg


このページのトップへ
シルバーウィークなるものが今月はありますね。

みなさんどのようにお過ごしでしょうか。

紅葉を見るにはちょいと寒いところに出向かねば
なりませぬな・・・

クオーレフォルテは20日(日曜日)以外は営業してますよ。

ちなみに19日のワインサロンはまだ1席あいております。

当店はエコポイントはつきませんが、お待ちしております。
このページのトップへ
夏がしょぼかったけど秋です。

今日は宣伝です。

ただいま秋刀魚が激ウマです。
前菜として生でご用意できますが、カリっとやいて
パスタにしてもウマいです。
大根おろしはつきませぬ。

すーぱーすたぁの松茸もあったりなかったり・・・
松茸のタリアテッレもヤバイ!

もうちょっとで白トリュフ上陸作戦が行われます
戦局を左右する食材なので警戒してください。

うまいもん食べよ♪
このページのトップへ
余命一ヶ月の花嫁

実話をもとに映画になった作品として有名である。
映画はみていないが、TBSのドキュメンタリーが
深夜再放送をしていた。

とても心を打たれた番組だった。

テレビ番組をすべて受け入れるわけではない。
いわゆる「つくられた」ものも多いし、「ねらい」が
わざとらしいものもたくさんある。

だが、千恵さんに僕は感動した。

病室からでることも頻繁にはできなくなり、
調子のいいときに外の空気を吸いにでる。
彼女は風を感じていた。

しってる?外で感じる風ってすごく気持ちいいんだよ。

そんな言葉を彼に語る。

日常を普通に暮らせる人がいちいち感じている
暇はないのかもしれないが、きっと小さな幸せは
ごろごろ転がっているのだろう。

今日も自転車でたっぷりとそれを感じてきた。
やっぱり元気がでた。
このページのトップへ
自分が横浜に来てから14年の月日が流れた。
気がつくと、三重県にいたころより長くなっていた。

その間、足として大活躍の自転車が6台か7台になる。
それにしてもよく盗まれる・・・
1台はチェーンが完全に壊れたのもあったが・・・

はっきりいって、僕にとってはもはや自転車はリースである。
選挙の日に急いでいて自宅マンションの駐輪場で、カギを掛け忘れ、
次の朝にはなくなっていた。24時間と待たずしてなくなる。

言葉にならなかった。自業自得だとはわかっているが・・・

新しいのは普通のママチャリで手をうつことにした。
車には興味がない。だけど自転車はけっこう好きだと最近気がつく。

風を感じる

これがもっとも好きなポイントなのだろう。
毎日25分かかって出勤。実はなかなか気持ちがいい。

汗ばんだからだをひんやり冷やしてくれる風が心身ともに
癒してくれる。

秋の風はちょっとせつないが、高くなっていく空を見ながら
ある人を思い出した。

つづく
このページのトップへ
乾ききった自宅のシンクもたまには潤してあげねばと
思い、ご飯でもつくろうと取りかかった。

あまりにも普段不足している野菜を食べたいと思い、
スーパーへ。

ビストロ的なゴロゴロとした野菜をバリバリ食べるのが
すきである。味付けはシンプルなほうがよい。

ソムリエではあるが、レストランバーで2年ほど厨房には
入っていた。基本中の基本はできる。

自分で言うのもなんだが、まずまずの出来。不足しているもの
が体にしみていく感も美味しさを増してくれた。

鳥胸肉のソテーも試みる。シェフが毎日にようにやっているのを
まねて余熱で火を通し、いざ試食。
こちらもビックリするほどうまくいった。

ただビールしか買ってないことを後悔した・・・
2008050102440000.jpg
このページのトップへ
酒は飲むほどに強くなるのか・・・
僕の経験からすると答えはややイエスである。
ややとあえて言いたいのは根本的にはそれほど
強くはならず、月並みな意見として飲み方を覚えた
ということだと思う。

今日、に限らず昨今はやはり世の中厳しく
今日もお客様(昔からの)から一緒に飲もうといわれ
なかなか勢いよく頂戴している。

昔よりはるかに酒を好きになっている・・・

大学のころ100人以上いる部活に属し、年末の
変なアンケートでは「酒が弱い」1位を3年連続で
とっていた自分。

そのころの友人からするとこの仕事をしていることは
全く想像はできない話である。

最近はお肉もつくところにはついてきてやっかいだなと
思い始めている・・・酒のせいではないと思うが・・・

写真はダニエル・モアンヌ・ユドロのシャンボール・ミュジニー
レザムルーズ1995。

こちらもご馳走になりつつ、こんなに酒を飲めたっけなどと
考えたりもした。

こんなわけもわからん文章を書いていることで
酔っ払っていることは伝わるのかもしれませぬ・・・

どうかご勘弁を。
2009090400040000.jpg
このページのトップへ
今日ソムリエ試験の一次の合否発表があった。
自分の近しい人が合格し、うれしい気持ちになる。
気分のいい一日がはじまった。

と同時に自分のころを思い出した。
今は合否の封筒を開ける緊張感はなく、ホームページで
時間になるとすぐに確認できるらしい。なんとも味気ないなと
思ったが受験者は一分でも早くしりたいものだからきっと
今の時代にはいいことなのだろう。

僕はもともとそんなにワインに興味はなかった。
バーテンダーとしてずっとやってきたが、ふとしたきっかけで
試験を「受けなければならない」状況から、ハマッていったのだ。

まだ勉強中にバーテンダーの先輩に酔ったいきおいで、
二束のわらじでなにするんだ?とか50万は金をつぎ込まないと
受かりっこないとか言われ、そいつらの鼻をへし折るつもりで
勉強した。
あの言葉はある意味僕にとって力となった。
人間とは不思議だ、つくづく思う。

ソムリエ試験がとてつもなく難しい試験に思われているが
きっとそうではないと今でも思っている。

資格がどうとかは関係ない。

ただ僕は努力はなにかしら実を結ぶということを改めて学んだ。

今この店にいることがそれを証明してくれている。
2009090300000000.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

Information

cuoreforte
  • Author: cuoreforte
  • クオレフォルテ cuoreforte
    営業時間 午後6:00
    お食事のラストオーダー
    午後11:00
    営業終了 午前2:00

    ご予約は045-316-6335
    (午後1時より午前2時まで)
    日曜定休
    祝祭日は営業しております

Search

Calendar

08月 « 2009年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

 

プロフィール

cuoreforte

Author:cuoreforte
クオレフォルテ cuoreforte
営業時間 午後6:00
お食事のラストオーダー
午後11:00
営業終了 午前2:00

ご予約は045-316-6335
(午後1時より午前2時まで)
日曜定休
祝祭日は営業しております

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。